ブログトップ

来る来るみらくる わんだーらんど

buyuukan.exblog.jp

この世は不思議世界である事を主に書き綴る。

ダンスボックスさんからの20周年の企画で1週間の日記を書くという宿題を頂いたお陰で、書くというモチベーションが湧いてまいりました。今日は一先ず行動に出そうと手を入れて見ましたの。よろ
[PR]
# by buyuukan | 2016-08-17 19:13
2013年から2016年
なんと3年振りのブログ!
復活させて  も一度暑くなるぜ。ぜってーに!
[PR]
# by buyuukan | 2016-01-04 23:47

d0324446_0374813.png


くろこ撮影会が八咲舞遊館で行われる事。
南の国ではいけてなかったサスケも参加しても良いとの事。
(今はまだダスケだと自覚しております!はっ)
願ってもない事でございました。
ありがとうございます。
感謝致します!
私はただ皆さんの足手まといにならないで、役立てられる様にその場に存在しようとしておりましたが、果たしてそれが出来たのか出来なかったのか‥…。

才蔵と共に照明の具合と部屋の室温に気を配り、尚かつ才蔵は朝からクロコの書き物を用意する。そうして皆様が集われるのをお待ちしておりました。

ほぼ定刻に皆様集まり、満天の青空の中、スタジオの中で撮影は始まりました。(満天の青空であろうがなかろうが‥関係ないのですが…)

私から見たら凄い面子の方々ばかり。緊張致しました。
それなのに心地よい感覚!まるで小学校の自主学習の様な雰囲気!
学級委員がいて、風紀委員がいて、レクレーション係がいて、体育委員がいて、それぞれが自分の役割を分かってやっているっていう感じがして、とても楽しく心地良い雰囲気でした。

誰かが先導して進行する訳でもないのに、いつの間にか、最初に何から撮るのか次はどうするのか、もめる事もなく速やかに進行される様は流石だと思いました。

密かにダスケは、才蔵の蝉の羽をつける際に「そんなつけかたじゃダメ!」とNさんからピシッと言われたのが、実は嬉しく‥…。
まるで憧れの学級委員に相手してもらって「やったあ!」と思っている小5の様。
‥…ってえ事じゃなくてですね、反省ですね。私!
物事はどんな些細な事でも心を込めてやるべきなのですよね。
申し訳ありませんでした。
いやいや!何をおっしゃる!才蔵にとっちゃあ些細な事ではない、大変な事ですね。たった今書いていて気づきましたよ。本当に御免なさい。

そうしている間にも、あっという間の楽しい時間が過ぎて行きました。
もし無制限に時間があれば、まだまだアイディアが出てきそうな空気でした。

一緒にある目標へ向かって走る事の楽しさと大切さを味わわせて頂いた撮影会となりました。


皆様本当にありがとうございました!!!
[PR]
# by buyuukan | 2013-08-13 00:40
一昨日、サンドラさんとアミュールさんのまだ試作段階だと言われるダブルヒーリングを受けさせて頂きました。
お試しといわれましても、もう既に個々では独立してプロのセラピストとして活動されているので超贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

まず凄かったのは、足と腰を同時に触れられる感覚です。
産まれてこの方、感じた事のない感覚でした。
俗っぽく言ってしまう私をお許し下さい、まるで殿様気分(殿様になってもないのに分かるんかえ)とおしかりの言葉が飛んで来そうですが、その時の正直な私の気持ちですからあしからず‥…。

それから足からと頭からの同時X攻撃。まるで私の中に潜む龍脈を二人して探し当てる風水師の如く、私の身体の中を駆け巡っておりました。
足先から頭までが直で繋がっている感じがし、身体の芯からエネルギーを与えて頂いてる感じがしました。

そしてアミュールさんの耳あての術!両耳から何か気の様なものを注がれた感覚、それが頭蓋骨のなかで混じり合い、今まで直線で動いていた神経の様なものが、うようよと波打ってくるではありませんか。とにかく頭蓋骨の中がうねうねもや〜んとなり夢うつつの状態になっておりました。

最後にサンドラさんの壷揺らし!蟲師(漫画にある架空の職業)の如く、私の中に潜む蟲を見つけ出し追い出してくれようとしたところタイムアップ!「後1時間あれば最後まで追い出せたのに」のお言葉を頂き終了となりました。それでも十二分に今までのはりとこりは溶けておりました。

兎に角濃厚な時間を過ごさせて頂いた私、翌日翌々日まで「うねうねもや〜ん」は残っておりました。そしてやっとデトックスのとれた身となり、これを記す事が出来たという訳です。

素晴らしいダブルのヒーリング!
サンドラさんアミュールさん本当にありがとうございました!!
[PR]
# by buyuukan | 2013-07-19 00:15
南の島の話4 (ミラクル)

旅の最後には、日常では絶対にありえない体験をさせて頂きました。

そこを離れる前夜、正にまゆみ先生からイカズチのお言葉を受けている最中に、まゆみ先生の足元で子猫がまるで自分の母親であるかの様に慕い離れようとしないのです。(実はその横の山側に蛍が飛んでいたのですが‥…その事を示す事も出来ず‥…)
いつまでも離れようとしない子猫、このまま放ってはおけない状況になり、「何か良い知恵はありますか?」
と先生に尋ねられるも、この今の私には糠に釘。
私以外の方々は色々とアイディアを出しました。がどれも決定打にはならずもんもんとした時間が流れて行きました。
その時Aさんが「私が飼います」という決定打を出されました。

ではここでひとまず解散と云う事になり、都合上私と才蔵とで一晩子猫を預かる事になりました。

そうしている中でもSさんはこの土地で飼ってくれる人を捜しており、とうとう里親になって頂ける方を探し当てられたのでした。
電話でその知らせを聞いた才蔵と私はペンションのオーナーに承諾して頂いて子猫と一晩ペンションで共に過ごしました。

食欲旺盛な子猫ちゃん、コンビニで買ったおにぎりを鬼の様に食べておりました。そして誰に教えてもらったでもないのに、トイレは与えられたダンボールの中でちゃんとするし、最初泣いて嫌がっていたダンボールの中へとうとう自分から入って行き寝てしまったのです。どれだけ賢いのかびっくりです。

朝になると自分で起き出し、いつのまにか私の腕を枕にして寝ているではありませんか、ああなんて可愛い!私の中の母性がムクムクと湧き出てくるではありませんか。ひとまずは、そーとしておきました。
朝の便で飛び立たれるまゆみ先生をお見送りする為、車で才蔵と子猫ちゃんを乗せて空港へ。そして子猫の無事を報告させて頂きました。

その後、Pさんと地元食堂的な店へ行きランチをしました。
とても美味しゅうございました。
その残りを子猫ちゃんに差し出すとこれまた鬼の様に食べておりました。

Pさんとは此処でお別れして、子猫ちゃんのゲージを購入する為、ペットショップに才蔵と向かいました。
無事ペットショップも見つかり、才蔵がゲージを買いに行く間、私は子猫ちゃんと戯れ合っておりました。

私の膝の上に乗ったり、腕から肩に乗り移ったりと、成すがままにさせておりました。しばらくするとそれに飽きたのか、私が座っている運転席のシートの下に潜り込んで行きました。前日もそこから後ろのシートに移り遊んでいたので「そうかそうか、そっちで遊ぶか!好きにしたら良い」とそのままにしておりました。

そこに才蔵が帰って来て「テトは?」(才蔵は子猫をテトと呼んでおりました)と尋ねました。
私は普通に「シートの下か後ろに居るよ」と疑いもなく言い放しました。才蔵はそれでも見つけられず、「何処?」と聞き返しました。
私は普段才蔵がものを見つけるのが不得意な事を知っているので、面倒くさい感じできつく「後ろにおるって。おらんわけないって」と口調を強めて言いました。何故ならドアも窓も一度も開けずにいたのですから。それでも「いない」と才蔵。
「もー」と言いながら探し出す私。
「あれ?」 シートの下  「あれ?」 
後ろのシート 「あれ?」
「なんで?」 ラゲージルーム 「嘘でしょ」後ろのシート   
「ええっ?」もう一度シートの下

「そんな事って?」

どこにも姿形が見えないのです。
ついさっきまでここにいて私と戯れ合っていた子猫が。

もし万が一外に出る可能性があったとすれば、才蔵がゲージを買って来てドアを開けた瞬間しかなく、でもその時はそんな気配は微塵もなかったのです。
あとは車に穴が空いているのか?と考え、車のしたに潜り込み確認しましたが、そんなはずもなく。

外に出て何度も建物の裏に廻ったり他の車の下を覗き込んだり、再び車の中全般を探しましたが、やはり全くもって気配がありません。

あと考えられるのは、「一つ」!

「車の中で忽然と姿を消した」という普通では考えられない事です。シートの下に異次元空間が現れそこに入って行った。
もう  そうとしか思えませんでした。

私はそう考えながらも心臓がざわざわ波打ちました!
何故だか、まさにこういう事がありえるのだという、得体の知れない確信を胸に抱いていたのでした。

信じる事に消極的な私に見せてくれた衝撃の奇跡!
「この世には見えるものより見えないものの方が多い」という森の守り人さんの言葉が甦ってきました。
いつもまゆみ先生がおっしゃられる奇跡の数々は事実なんだと、改めて言われた気がしました。
私が幼少の頃見た、夕焼け空に飛ぶ天女も事実なのだ。

現実も虚構も夢も未来も過去も現在も死も宇宙もみな一つなのか?
という想いが一瞬ですが、頭の中をよぎりました。

いったい普通とはなんなのだ?
という問いを投げつけられた様な気がしました。

まゆみ先生がおっしゃる、宇宙と繋がれば何事も可能になる。
という意味が少し見えた様な気がしました。

まだまだ未熟な私、知らない事の方がまだまだ多いと云う事を知り始めた私。
リアルに驚いております。
リアルに受け止めております。
その夢?現実?は一生醒めないでしょう。

まだまだ修行は続きます。
[PR]
# by buyuukan | 2013-07-02 17:35